建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


有効細長比(ゆうこうほそながひ)
 部材の細長さをあらわす比率を細長比といい、断面の最小二次率半径に対する、座屈長さの比を有効細長比という。構造設計上の概念である。

 この数字が大きいほど細長い部材だと言うことになる。また、の太さが変わらなければ、横架材間の距離が長いほどを、細長比は大きくなる。有効細長比が大きいと、部材が座屈する恐れがある。

 木造軸組工法構造耐力上、主要な部分である柱の有効細長比は、150以下とするよう建築基準法は求めている。105角の柱は横架材間の距離が4540を、120の柱は5190を超えると、150以上になってしまう。

 鉄骨造の構造耐力上、主要な部分である圧縮材の有効細長比は、柱で200以下、柱以外で250以下とする。
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ