建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


床鳴り(ゆかなり)
 人間が歩くことによって、が音を発すること。

 スラブ塩ビシートなどの床仕上げ材を、接着剤で直張りすれば床鳴りはおこらない。

 地面や床スラブから離れて化粧床を作ったときには、いくつかの部材で床下を構成することになる。そのとき、や床板との接合部がほんの僅か浮き上がり、人が通ると人の重さで床が沈んで音が鳴る現象である。

 床鳴りを防ぐには、プラ束鋼製束を使い、大曳き(大引き)根太は下垂れに用材すると良い。

 床鳴りは構造耐力に関係する問題ではないが、クレームになりやすく音を消すのに苦労する。

 最近ではではなく捻子で固定するようになったので、釘がすれる音はしなくなった。また、の部屋も減ったので、畳と畳寄せがすれる音も聞かなくなった。
広告
TAKUMI Amazonへ