建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


誘発目地(ゆうはつめじ)
 ヒビやクラック割れを起こさせるための目地

 コンクリートなどを広い面積に施工するとき、予定したところへヒビ割れをおこさせるために作る目地。なかなか予定のところにヒビが入らずに、他にヒビ割れがでてしまい、頭を抱えることが多い。

 コンクリートなどに穴を開けると、乾燥にしたがって穴の四隅は、自然と口を空きたくなる。そのため、四隅には45°のヒビが入ることが多い。

 たとえば、ベランダ手摺りを壁にして穴をあけると、穴の廻りに45°にヒビが入りやすい。そのため、下の写真のように穴の両側に、誘発目地を設けている。これによって縦にヒビを誘発し、45°にヒビが入らないようにする。
広告
TAKUMI Amazonへ