建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


屋根スラブ(やねすらぶ)
 勾配のない水平な屋根を陸屋根といい、水平部分を屋根スラブという。鉄骨造鉄筋コンクリート造に多い。

 陸屋根といっても水勾配をとる必要はある。防水押さえとしてコンクリートを使い水下で厚さ9センチとすると、1/50をとった10メートル先の水上では、29センチにもなってしまう。

 防水押さえのコンクリートが、すべて固定荷重となってしまうのを防ぐために、屋根スラブ自体で水勾配を取り、露出防水としたほうが良いかもしれない。 

 屋根スラブの出隅や入り隅には、引張力や圧縮力がかかるために、下図のように補強筋を入れる必要がある。
広告
yane
 
TAKUMI Amazonへ