建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


遣り鉋(やりがんな)
 木の葉型の刃物のこと。

 法隆寺など室町時代以前に使われていた大工道具で、木材を削る道具ではあるが、現在のとはまったく違う原理でつくられている。

 小刀を反らせて長い柄をつけたもので、柄の両端をそれぞれ左右の手で握り、手前に引いて使う。幅が狭く細長い削り跡がつく。

 鉋目という言葉が、遣り鉋の削り跡を示すものとして残るのみで、復元品はあるが実物はほとんど現存しない。
広告
写真は道具曼陀羅より
TAKUMI Amazonへ