建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


山砂(やまずな)
 山で採取される

 ふつうに砂といった場合は、川で採取された川砂のことである。それに対して、山で採取した砂を特に山砂というが、川砂と違ってやや黄色く、粉状の土から粗い粒子の砂まで混じっている。

 保水性や排水性に優れているのが山砂の特徴で、採取業者が選別をした4ミリ以上の砂を埋め戻しなどに使う。山砂の過剰採取により、山がなくなった地域もある。

 砂はコンクリート細骨材としてつかわれ、生コンに混入されている。

 関西地方では海砂を使うこともあるが、海で採取した砂は塩分が強いので、鉄筋錆びさせる。そのため、海砂と言って区別しており、塩分抜きをしなければコンクリートには使えない。
広告
TAKUMI Amazonへ