建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


丁張り(ちょうはり)
遣り方(やりかた)
 建物を建てるための基準を、仮設材でつくったもの。

 新築する建物の周囲に張りめぐらす木製の水貫で、建物の位置や高さを案内するための仮設物。土木の世界では丁張りと呼ぶ。

 計画建物の位置を、設計図書にもとずいて地縄を張っておおよそ決めた後、遣り方で正確に決定する。

 地縄の50センチ程度外側に地杭をうち、地杭にレベルで水平をしていく。墨にをあわせて打ち付ける。
 
 遣り方の天端は水平になっているので、遣り方天端に水糸を架けわたして、床付け面の高さを測りだす。また、遣り方にはの位置がしてあり、その墨から通り芯捨てコンのうえに印される。

 遣り方が基礎の完成まで、建築される建物の基準になる。 基礎ができあがると、遣り方の高さは基礎の立ち上がりに移記されるので、遣り方は撤去される。

 高さ方向への仮設の基準は、縦遣り方という。
広告
TAKUMI Amazonへ