建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


山留(止)め(やまどめ)
 土を掘った後、その崩壊を防ぐためにする施工のこと。土留め(止め)の一種である。

 おおむね1メートル以上深く掘ると、山留めが必要になる。簡易な山留めであれば、単管を打ち込んでコンパネを差し込み、サポをかける程度でも良いが、これは長期間の工事には無理である。

 地下工事が長くかかったり、掘削するのが3メートルを超えて深くなると、(型)鋼の親柱に矢板を打ち、腹起こしをかけ、切梁を渡すことが多い。

 掘削が浅い場合には、シートパイルを深く打って自立させることもある。

 山留めが孕んでいなか毎日確認し、隣地境界線の外側の地盤に亀裂がないか注視すべきである。

 自治体によっては、5メートル以上の根伐りを行う場合には、「山留め工事施工計画書」の提出が義務付けられている。
広告
TAKUMI Amazonへ