建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


脂(止め)(やに:どめ)
 木材から出る粘度の高い、ベタベタした樹脂分のことを、脂(ヤニ)という。

 脂とは木材からでる樹脂分で、は脂の多いことで有名である。とくに脂がたまる部分を脂壺とか脂袋といい、製材後も脂壷から脂が出続ける。

 塗装しても塗面を脂が押し出してくるので、塗装前には脂止め処理が必要である。夏は高温になるので、脂の流動性が高まり流れやすくなる。冬には固まるので、流れることはなくなる。

 伐採後数年たって、木材の成長が止まると、脂はでなくなる。それまではシンナーでふくか、ヤニ止めシーラーを塗布する。表面をバーナーで焼くと脂は少なくなる、といわれる。

 とくに脂が集まっている脂壷からは脂がつまでも流れ出る。下の写真の右下の焦げ茶の部分である。
広告
TAKUMI Amazonへ