建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


屋(矢)切(やぎり)
 切り妻屋根の妻側の部分。

 矢切部分はの上になり、雨もあまりかからないので、外壁とは仕上げを変えることが多い。下の写真で白くなっている部分を矢切という。

 かつては下の写真のように、矢切と外壁との境を直線にしないで、屋根の1/2勾配くらいの山型に仕上げることが多かった。矢切と外壁との境には、水切り(金物)をいれること。

 両側から上ってきた軒天井が出会うすぐ下に、小屋裏換気口を付けることが多い。

 切り妻屋根ではそれほど目立たないが、入母屋になると屋切り部分が三角形となって、くっきりしてくる。

 入母屋の屋根にして、矢切を木連れ格子にした場合は、小平を葺いた部材を奥まで伸ばさないと、雨漏りの原因になる。
広告
TAKUMI Amazonへ