建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


矢板(やいた)
 山留(止)めにつかう板、もしくは鋼製の仮設材。

 山留(止)めのために、地中に垂直に打ち込んだ(型)鋼などの親杭のあいだに、掘削した土地が崩れないよう差し込む板を矢板という。

 木製の矢板が使われるので、板という名前が残っており、鋼製のものでも矢板という。矢板は切梁腹起こしと共に、土留めの必需品である。

 厚さ30〜50ミリ程度の材を良しとしたが、松材の払底にともなって、仮設材なので安価な木材が使われるようになった。

 鋼製の矢板をシートパイルと呼び、凹型断面をしており、端部には互いに組み合うような継手の加工がされている。埋め殺しにすることもあるが、引き抜いて何度も使うことが多い。 
広告
yaita
TAKUMI Amazonへ