建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


元玉(もとだま)
 立木だった時に、地面に近かったほうから採られた丸太のこと。

 原木の丸太は、非常に長いものもあり、そのままでは山から下ろせない。そのため、現地で適切な長さに玉切ってから下ろし、製材にかけられる。

 根本のほうから「元玉(もとだま)」、「二番玉(にばんたま)」、「三番玉(さんばんたま)」…とよばれる。

 に使うためには、定尺である十尺(≒3メートル)もしくは丈三(≒4メートル)の長さに玉切る。元玉は木目もさまざまだが、が出にくく、高価で取り引きされる。

 下の写真は、きわめて短く伐った元玉。
広告
TAKUMI Amazonへ