建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


元(口)(もと:くち)
 立木だった時に、地面に近かった方。元口(もとくち)とも呼ばれる。

 木材は製材されてになっても、立木の時の性質を残している。天地を逆にすると、強度が落ちると言われている。

 そのためか天地逆にすることは逆柱といって嫌われる。空に伸びていた方は、(うら、すえ)と呼ばれる。

 材木屋の厘場では乾燥を促進するために、天地逆さにして立ててある。そのため元が上部の逆柱状態で立っている。産地等級などは読みやすいように、元から末へと書かれている。
広告
TAKUMI Amazonへ