建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


木造三階建て(もくぞうさんがいだて)
 主要な構造部を木材とした3階建ての建物。木3と略称される。

 準防火地域において木造三階建ての建築は禁止されていた。1988年に建築基準法が改正・施行されて、木造三階建てが解禁になったが、木造二階建てとは異なる特別の扱いを受けいる。

 木造二階建て以下の住宅については、4号建築物として構造計算書の添付が免除されている。しかし、木造三階建て住宅の建築確認には、構造設計をした構造計算書を添付しなければならない。

 この計算書とは、許容応力度計算または限界耐力計算に基づく構造安全性の計算を記載した書類のことで、A4用紙に印刷して200頁を超える膨大なものである。そのため、木造でありながら構造設計の費用がかかる。おおむね20〜25万円くらいだろうか。 

 下の写真は倒壊した木造三階建ての試験体である。
広告
TAKUMI Amazonへ
(図)