建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


木構造(もくこうぞう)
 木材で構造を構成する建築物を木構造といい、下記のものがある。

@ 伝統工法:社寺仏閣などを通したを使う工法。五重塔などを除き、平屋しか作ることができず、藁(葺き)茅(葺き)の農家や民家などにつかわれた。現在の普通の住宅には使われない。


A 木造軸組工法:現在、もっとも普通に使われている工法で、在来工法とも呼ばれる。柱とを組み合わせ、筋違合板などで耐力壁をつくるので、経済的である。
 二階建てまでは4号建築物とよばれ、壁量計算をすれば構造計算は省略できる。
 木造三階建てでは構造計算が要求される。


B 枠組み構造(=ツーバイフォー):2インチ×4インチの断面材、およびその倍数材をつかうので、ツーバイフォーとよばれる。がなく壁が構造を支えるので、枠組壁構法ともいう。


C 丸太組工法(=ログハウス):丸太もしくは太鼓を積み上げて外壁とした建物で、セルフビルドの対象として流行し始めた。


D 大断面ラーメン構造集成材の太い柱と梁をつかって、鉄骨造と同じように作る工法。接合部には金属を使って、剛性を高めている。


参考=鉄骨造鉄筋コンクリート造
広告
TAKUMI Amazonへ