建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


室床(むろどこ)
 床の間の形式の1つ。

 室床は床柱はもちながら、床の間内部の壁のすみの柱が見えないように、また天井の廻り縁が見えないように塗り廻されている床の間。

 室床にすると、奥行きがわかりにくくなり、幽玄な感じがでてくる。数寄屋(造り)茶室で好まれる。

 壁面から塗り廻して、床柱や床框をもたないのは、洞床(ほこらどこ)という。
広告
TAKUMI Amazonへ