建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


棟包み(むねづつみ)
 屋根の頂部のことをといい、頂部を覆う金物などのことを、棟包みという。

 場合によっては、芯になる木材もふくめて棟包みと呼ばれる。屋根では棟包みに相当する場所には、熨斗瓦雁振瓦が葺かれる。

 棟包みは棟木と直接に触れるものではなく、屋根がコロニアル亜鉛鉄板などで葺かれた後、頂部の開きを閉じるために使われる。

 下の写真の濃紺の金属板、もしくはその心材である胴貫(縁)材を含めて、棟包みという。

参考=前包み
広告
TAKUMI Amazonへ