建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


棟木(むなぎ)
 屋根の最も高い部分であるに配される横架材

 構造耐力的には母屋などと同じ荷重しか担っていないが、もっとも高い部分に納まるため、骨組みの象徴的な意味が込められている。そのため、棟木を納めることを上棟とよび、上棟式とよばれる儀式を行うことが多かった。

 棟木は精神的な支柱とも考えられ、棟木をささえるを、特別に棟束(むなづか)と呼ぶ。

 棟木に垂木がとりついて、屋根の形ができていく。屋根勾配が早いと、小屋(裏)が大きくなって部屋のようになる。

参考:棟札棟包み 
広告
TAKUMI Amazonへ