建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


無窓(むそう)
 行灯部屋、つまりのない部屋のこと。

 トイレ浴室をはじめ部屋には窓をつけるのを原則とするが、間取りの関係でどうしても窓がとれないことがある。無窓の部屋は、納戸のように常時人がいない部屋とする。

 居室とするためには、建築基準法上有効な採光を確保しなければならない。無窓で許されるのは、3〜4.5畳程度であろうか。

 建築基準法上の無窓の規定は、隣地境界線に近すぎると窓とは認められない。そのため、窓があっても採光上で有効とはみなされず、無窓の部屋となり居室にすることができない。 
広告
TAKUMI Amazonへ