建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


見積書(みつもりしょ)
 
 拾い表などに基づいて積算されたものに、儲けを加えた金額を書いた書類のこと。

 工事に先だって発注者に提出されるもので、工事原価に請負者の儲けが加味されている。見積の有効期間や支払い条件なども書かれるが、それは目安に過ぎない。

 見積書は、受注希望金額をかいた表紙(=鏡ともいう)と内訳書からなっている。

 表紙をめくると、大項目がかかれて、その後に明細内訳書が続く構成になっている。

大項目は、下記のようになる。
 直接工事費−建築工事、電気設備工事、給排水・衛生設備工事、空調(空気調和)設備工事ほか、
 間接工事費−共通仮設費、管理費、諸経費ほか、

 建築工事の内訳書は、鉄筋型枠、木工事、左官などと続くが、細かい部分は各請負者によって違っている。
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ