建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


道穴(みちあな)
 
 より太い穴やホゾ(穴)をあけるために、先行して穿つ穴のこと。

 割れやすい部材に穴をあける場合には、細いで先行する穴を穿つ。その後、より太いドリルで徐々に拡張して、太くしていく。

 正確に穴をあけたい場合にも、まず細い道穴をあけてから、徐々に広げる仕事をすると良い。いきなり電動のドリルで穴を開けると、正確な仕事にならないことが多い。

 を打つ場合にも、下の図のように道穴をあけてから釘を打つと、正確な位置決めができるし、材料が割れることもない。 
広告
michiana
TAKUMI Amazonへ