建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


蓑甲(みのこう)
 妻側部分の野地がゆるく曲線を描いて、矢切のほうへ下っている状態、もしくは部分。

 (=拝み)の部分で一母屋下がりとし、流れ尻では先のまま延長する。この三角形の部分を蓑甲という。

 蓑甲は入母屋屋根やまれに切り妻屋根で使われ、また、下の図のように下屋の端部で用いることもある。

 流れ上部と流れ尻では、捻れが生じるため蓑甲の中央部が凹んで下がってしまう。それを防ぐために、すこしムクリ(=上向きの曲線)を付けるといい。
広告
図は理工学社「建築の造作図集」から
TAKUMI Amazonへ