建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


道板(みちいた)
 工事現場の中で、通行のために敷かれる幅30 センチ長さ3.6メートル程度の仮設足場板。歩み板ともいう。

 かつては軽い板が使われていたが、杉板が払底し高価になった。そのため、重いベニヤ製に変わり、現在ではアルミ製が使われている。

 抱き足場では道板に相当する部分も、板ではなく丸太単管だが、ビデ足場本足場では平らな板材が、道板としてつかわれる。道板跳ね出しになっていると危険である。

 スラブなどに配筋された後、凸凹を避けるための歩行用の仮設材としてメッシュロードを敷くことがある。

参照=登り桟橋
広告
TAKUMI Amazonへ