建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


水盛り(管)(みずもり:かん)
 水とは水平のことで、水を盛るとは、水平をだす作業を言う。

 水盛り管とは、水平を出す道具である。(下図参照)ゴム管の先に付いたガラス管を対象部分に当てて、ガラス管のなかの水の位置が同じ水平の高さとなる。ただし、間違って水をこぼすと、水平ではなくなる。

 水盛り管は1人でつかえるので便利だったが、いまではレベルにとって代わられた。

 古代には、水平を計るためには、水を入れた長い箱である水盛り箱がつかわれた。

 下の図は40〜50年昔に使われた水盛り管だと思われるが、バケツと透明なホースがあれば、下と同じような水盛りの作業はできる。

 透明ホースに水を満たして端部をバケツの水中につけて、ホースに水を満たしてやると、反対の端部に上ってきた水の高さが水平となっている。

 最近では電子水盛り器が市販されており、1人で水平をだすことができて便利である。

水盛りに関してもっと詳しくは、仮設工事その2 をクリック
広告
図は森永達男「建築雛形」金竜堂から
TAKUMI Amazonへ