建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


水貫(みずぬき)
 水平を示すで、建物の位置や高さを決める遣り方に配される木材。

 遣り方に印された水平のに固定した板材で、水貫の上端は水平になっている。

 ある水貫にの位置を墨付けし、その反対側の水貫に柱の位置を決める。両者を結んで、水貫の上端水(糸)をはると、この糸が建物の縦、もしくは横の基準線となる。

 張られた水糸に直行する水糸を張り、横もしくは縦の基準線をきめる。基準線を地盤上の捨てコンに移記して、それに従って基礎を施工していく。

 下の写真で、地面から30センチくらい上がったところに、水平に配された板材である。水貫は根伐りの深さを決めたり、基礎を施行する基準となる。

 水貫の高さは、基礎天端から10〜15センチ程度上になるくらいが良く、あまり低くしてしまうと、基礎の型枠がぶつかってしまう。
広告
TAKUMI Amazonへ