建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


水セメント比(みずせめんとひ)
 セメントにたいする水の重量比で、W/Cと記し、%で表す。水セメント比はコンクリートの強度に関係する。

 セメントが硬化するのに必要な水の量は、セメント重量の約40%である。それ以外の水は遊離水となる。

 ただし、水セメント比が40%の生コンでは、打設後に水分が蒸発すると、硬化に必要な水分が不足して、強度が出ないことがある。

 水セメント比は50%が理想だが、少量の生コンを特別の数値に指定することは、生コン工場が対応してくれないだろう。また、施工性が悪く現場は嫌うだろう。

 通常は、水セメント比は55%〜60%をつかうので、遊離水対策が必要である。打設後にはバイブ(レーター)をかけたり、型枠を叩くなどの対応が不可欠である。

 同じ水セメント比であれば短期的な強度は同じだが、遊離水が多いとひび割れが入りやすく、コンクリートの耐久性が短くなる。
広告
TAKUMI Amazonへ