建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


水腰(障子)(みずこし:しょうじ)
 床などから8〜10センチ程度上がった部分まで、下桟の上端をあげて全面紙貼りとした障子

 床から8〜10センチ程度の幅で、下桟に幅広板を使ったものを、水腰障子という。これは30センチ程度の腰板を入れた腰付き障子から、軽快さをねらって作られるようになった。

 組子を大きな枡になるように組んだ障子を荒組障子というが、下の図とは違って荒組水越障子という場合もある。また、水越で雪見(障子)猫間(障子)とすることもある。
広告
TAKUMI Amazonへ