建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


見切り(縁)(みきり:ぶち)
 1つの部材や材料が、立ち止まったときにできる直線部を、見苦しくないように加工することを<見切る>といい、見切ったところに入れる細長い部材を、見切り縁という。

 たとえば、壁の仕上げ材を切り替える場合などに、左官の塗り壁とクロスといった、違う材料を並べて連続的に貼らずに、細い部材を入れた左右で貼り分けるときなどに、その細い部材を見切り縁と言う。

 本当は見切り縁を入れないで納めるほうが上手い仕事で、綺麗に見切るのは難しい。
広告
TAKUMI Amazonへ