建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


磨き丸太(みがきまるた)
 もしくはの樹皮をはいで、皮付きのまま磨き洗いした丸太材。銘木扱いの木材である。

 磨き丸太は、そのほとんどが京都の北山と奈良の吉野で生産されている。

 植林された杉や桧は、間引きや枝打ちをしながら、30年くらいかけて育成される。9〜10月に伐採し、3もしくは4メートルに切断して、山から搬出される。

 樹皮をはいで、背割りをして乾燥させ、磨き洗いをして出荷される。床柱面皮柱として、和風建築に使われる。

 で太さに違いがなく、木目のつんだ重いものを良材とする。時間がたつと、飴色に変化してくる。

 同じような工程をへて市場に出る丸太に、絞り丸太錆丸太がある。
広告
TAKUMI Amazonへ