建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


廻り階段(まわりかいだん)
 
 上り始めた方向へと、途中で反転して登り切る階段のことで、踊り場にする部分でUターンして上る階段。

 回り階段とも書く。<行って来いA>ともいう。

 螺旋階段がすべの段を廻っていくのに対して、廻り階段は直線部分と廻る部分の両方を持っている。

 廻り階段の蹴上げ踏み面の法定寸法は、もっとも狭い部分から30センチ離れた場所で確保しなければならない。最小寸法を確保したものが、6等分した下の図の左である。

 しかし、これだと登ることにやや抵抗があるので、右のように5等分にすると上りやすくなる。なお、外周側に手摺りを設けること。

参考=鉄砲(階段)
広告
mawari
 
TAKUMI Amazonへ