建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


丸刃(まるっぱ)
 鉋(かんな)などの 刃物を研いだときに、刃の表が平面にならず、曲面になってしまうこと。

 下の図は刃の中央を切った図だが、左側は平面になっているが、右側は曲面になっている。右側のような刃先を丸刃という。

 丸刃になると刃先の勾配が緩くなってしまい、刃の先端が木材に食い付かなくなり切れ味が落ちてしまう。

 丸刃は研ぎの初心者が陥りやすく、手首や身体が一定の角度に固定されないので、おきる現象である。研ぎ慣れてくると、丸刃ではなくなってくる。

 徒弟奉公の時代には「研ぎ3年」といって、3年で研げるようになると言われた。

 刃線の両端を丸めることはケチリンと呼び、違う現象である。
広告
TAKUMI Amazonへ