建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


丸鋸(まるのこ)
 電動の回転式鋸(のこぎり)

 現代の建築現場で、インパクト ドライバーとならんで、もっとも使用頻度が高く、もっとも重要な道具である。

 と同時に、丸鋸はもっとも危険な道具である。丸鋸が切り進むうちに、刃が材料に食われてケッチン(=キックバックともいう)をおこし、逆戻りをすることがある。これによって多くの大工が怪我を負っている。

 縦横兼用の刃をつけ、刃の直径が165ミリと190ミリのものが、多く使われている。細かい鋸屑が拡散するので、室内での使用には防塵対策が必要である。

 丸鋸を固定して盤上に下ろすようにした押し切りも広く使われている。
広告
TAKUMI Amazonへ