建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


丸セーバー(まるせーばー)
 コンクリート型枠の間隔を、正確にたもつために入れる金物。セパレーターともいう。

 丸セーバーは吹き付けタイルなどで仕上げる時につかう。両端には六角形の金物をつけ、この金物の位置が型枠の間隔を決める。丸セーバーはコンクリート中に埋め殺しにされる。

 打ち放しの時には丸セーバーの端部に木コンをつけて、型枠をばらす時に木コンだけは撤去する。

 丸セーバーはコンクリートを貫通しているために、外壁側に吹き付けた雨が、丸セーバーを伝って水が浸入することがある。木コン穴の処理が大切である。

参考=ホームタイ
広告
写真は(株)吉川商工のサイトから
TAKUMI Amazonへ