建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(まど)
 光や風を取り入れるために外壁にあけた開口部のこと。

 窓には建具を入れて、開閉できるようにするのが普通である。嵌め殺しという開閉できない建具もあるが、透明ガラスを入ると外部を見ることもでき、採光通風のようをはたす。

 窓はふつう人間の出入りを目的とはしていないが、床まで開く掃き出し窓と呼ばれるのは、人間が通ることを前提としている。

 多くの窓はガラスが建て込まれており光が入る。しかし、建築基準法上はすべての窓が、採光換気に有効と見なされるわけではない。

 窓の形態により、肘掛け窓など様々な呼び名があり、開閉形式によっても引き違い引き戸滑り出し窓など、多くの形式がある。

 最近では木製建具はほとんど使われず、アルミサッシがすべてと言っても良いくらいである。

 延焼の恐れのある部分に設置する窓は、乙種防火戸以上が要求される。

参考=窓先空地
広告
TAKUMI Amazonへ