建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


枕梁(まくらばり)
 胴差など横架材の耐力が足りないときに、などの横架材の下に補助的に入れる部材のこと。

 枕梁は下の図のようにのほうにをつけて掘り込み、なお梁または桁とボルトで縫って固定することが多い。重ね梁または二重梁とか、マグサ@ともいう。

 上棟のときに柱など一緒に建て込むことが多い。

 枕梁は上の梁または桁と同じ幅だが、真壁の場合には同じ幅だと室内に出てしまう。そのため、幅の狭い部材を使うが、この場合には力板もしくは力桁という。
広告
TAKUMI Amazonへ