建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


枕捌き(まくらさばき)
 枕捌きとは、長押床柱をまいて裏側まで届いている納まりのこと。

 床柱に長押を納める様式には、真、行、草とあり、真を枕捌き、行を片捌き、草を雛留めという。枕捌きにしたときには、長押蓋を使うことが多い。

 最近ではシンプルな納まり好まれ、枕捌きは重厚な感じがするので使われることは少ない。書院建築などで用いられることが多い。
広告
TAKUMI Amazonへ