建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


間崩れ(まくずれ)
 番付けの交点にのらずに、交点から外れること。

 通常の在来工法では、3尺(≒909ミリ)のグリッドのうえにをのせることが多い。そのため、柱はグリッドの交点に置かれることになる。しかし、まれにグリッドから外れて柱を設置することあり、こうした柱を間崩れという。

 下図のAのは<はの2>と呼ばれるが、交点から外れると、<は又2>とか<は又3>と呼ばれる。交点に載らない部材、もしくは納まりを間崩れという。

 間崩れは材料の無駄が生じやすい。
広告
TAKUMI Amazonへ