建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ボリュームチェック(ぼりゅーむちぇっく)
 敷地にかかる法的な規制を調査して、その敷地にどのくらいの延床面積の建物が建つか検討すること。

 ボリュームとは建物の大きさをいうが、容積率をみたす最高の大きさをいうことが多い。

 ボリュームチェックを行うためには、用途地域斜線制限、容積率、建蔽率日影(規制)、高度制限、天空率などを調査する必要があるので、きわめて手間のかかる作業である。

 土地を買う前には、その敷地にどの程度の建物が建つか知りたいので、不動産屋はボリュームチェックだけを設計(事務所)に依頼してくることが多い。

 設計の受注に結びつかない、ボリュームチェックだけの作業は手間がかかる割には、収入が少なくできれば避けたい仕事である。

参考=建築基準法都市計画法
広告
 
TAKUMI Amazonへ