建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ホルムアルデヒド(ほるむあるでひど)
 建築基準法で規制される人体に有害な化学物質の一種。

 規制の対象となる建築材料は、「ホルムアルデヒド発散建築材料」として告示で定められているものに限られており、告示に該当しない無垢の木材等の建築材料は、内装仕上げの制限を受けることなく使用することができる。

 集成材など規制の対象となる建材であっても、などの軸材として使用する場合には、見付き面積が壁面の10 分の1を超えない限り、ホルムアルデヒド発散量に関係なく使用できる。

 合板中の接着剤から放出されるホルムアルデヒドの量についての性能区分もあり、合板750cm2から24時間に放散するホルムアルデヒドの量が平均0.3mg/L以下であるF☆☆☆☆から、5.0mg/LのF☆の4段階の区分がある。

 下の表は建築基準法の指針値である。
現在はF☆☆☆☆のものを使うことがほとんどである。
広告
TAKUMI Amazonへ