建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


本実(ほんざね)
 
 凹凸をもって2材を結合すること、もしくは凹凸になったその加工部分。

 主として幅の狭い板を、床など広い面積に張る場合に傍(側)になされる加工で、凹のメスと凸のオスをもってズレないようにする。

 見付き側と見返し側の両方を付けようとすると、見付き側が空きやすくなるので、見返し側を最初からやや短くしておくと表側が空かない。

 本実は印籠@とも呼ばれる。

参考=相杓り雇い実
広告
TAKUMI Amazonへ