建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ホール イン アンカー(ぼ−る いん あんかー)
グリップアンカー(グリップアンカー)
 
 後打ちアンカーの一種で、地獄ボソ式ので固定するもの。グリップアンカーともいう。

 土台などの部材を、基礎コンクリートに固定する金物を、アンカーボルトという。何らかの事情で、コンクリートを打ってしまった後に、アンカー金物が必要になったときには、後打ちアンカーをつかう。

 後打ちアンカーのなかでも、穴の底にクサビがぶつかって、金属の外周部が膨らんでコンクリートに固定される仕組みのものを、ホール イン アンカーという。しかし、後打ちアンカーは信頼度が低いので、やむを得ないときの緊急避難である。

 振動ドリルでコンクリート面に穴を開け、ホール イン アンカーを挿入し、ハンマーなどで叩いて固定する。

 下の写真では、右側の小さい金属がクサビで、穴の底にクサビが着いた後も、ホールインアンカーを叩くと、クサビが本体を広げて固定される。

 そのあとで、左側からボルトなどを差し込んで、取り付けるべき所定の仕組みをつくる。かつては木製の樽栓を使っていたこともある。

 コンクリートスラブの吊り物を支えるには、インサート(金物)型枠に釘打ちしておき、コンクリートを打設後、型枠を外した後で、インサート金物に吊り金物をねじ込む。

参考=ケミカル アンカー
広告
TAKUMI Amazonへ