建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ボード杓り(ぼーどしゃくり)
 額縁に掘られた石膏ボード用の溝。

 柱が縮むことによって、クロス京壁などの散り際がすかないように、石膏ボードを柱に食い込ませる溝をつくこと。散り杓りと同じ目的である。

 石膏ボードが溝の中に入るため、たとえ柱が縮んでも、見付き方向からはスキが判らない。

 ボード杓りの幅は、クロスの場合はボードの厚さ+1ミリ、京壁の場合は、ボードの厚さ+2〜3ミリくらいだろうか。

 ボード杓りは真壁和室にだけするもので、洋間では柱が室内に出ない大壁となるために不要である。ただし、洋間でも額縁の枠はボード杓りをすることがある。
広告
TAKUMI Amazonへ