建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


法定床面積(ほうていゆかめんせき)
 施工すると床が生じる施工床面積にたいして、建築基準法がきめる床面積を、法定床面積という。

 施工床が最も広く、床のある部分はすべて施工床面積となり、施工床面積が床面積算定の基準になる。

 一定の条件の下で、下記のような部分が、法定床面積の計算から除外される。          

@ 出幅が2メートルに満たないベランダ
A 隣地境界線から50センチ以上離れた屋外外段
B 吹き抜けなど

 @Aを満 @Aを満たしていると、下の図では濃い緑の室内だけが、法定床面積になる。

 法定床(ほうていゆか)と省略して言うことが多い。
広告
TAKUMI Amazonへ