建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


洞床(ほこらどこ)
 床の間の形式の一種。

 床の内部の壁を左官で塗りまわし、床の間前の一部に袖壁をつけて、洞のような形とした床の間。

 床板はをもうけずに、踏込み板とする。落とし掛けなどは使わずに、壁を塗りまわして仕上げる。草庵茶室などで使われる形式。

 前面の壁を塗り廻さないで、内部の壁だけを塗り廻し、床柱落とし掛けなどを使った床の間は、室床(むろどこ)という。
広告
写真は(株)エスピーフレーバーのサイトから
TAKUMI Amazonへ