建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


棒葺き(ぼうぶき)
 瓦棒葺きともいい、亜鉛鉄板などの鉄板で葺かれた屋根葺き工法の一種である。

 棒葺きは、屋根の流れに平行な角材(36×45程度)が、450ピッチで見える葺き方。

 溝板と通し吊り子を取り付けた水密性の高い工法で、母屋さえあれば、あらゆる屋根に簡単に施工ができる。

 安価なのでよく使われるが、雨音対策と断熱対策が必要である。芯になる桟木ありと、桟木なしの工法があり、桟木なしは曲面屋根も葺ける。下の図は桟木なしの断面である。

 高級感に欠けるので最近では敬遠される傾向にあり、より防水性能の高い縦ハゼ葺きに変わりつつある。

参考=平葺き段葺き
広告
図は(株)村江工業のサイトから
TAKUMI Amazonへ