建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


法定地上権(ほうていちじょうけん)
 同じ所有者に属する土地または建物に抵当権が設定され、抵当権が実行されて所有者を異にするに至ったときは、その建物について、地上権が設定されたものとみなす、との民法388条の規定により、建物の土地使用権として、裁判所が職権で認める地上権のこと。

 法定地上権が認められる時には、土地の評価の6〜7割の部分が法定地上権の部分として、土地の評価から減額され建物の評価に加算される。

 第三者に対抗するためには、地上権設定登記(第177条)または建物の登記(借地借家法10条)を備える必要がある。
広告
TAKUMI Amazonへ