建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


防火ダンパー(ぼうかだんぱー)
ファイアーダンパー(ふぁいあーだんぱー)
 開口部からの貰い火を防ぐ装置。

 防火地域や準防火地域内で、延焼の恐れがある部分の給気排気ダクトの、100mu以上の開口部に設置する防火装置。平面(図)などの上には、FD(付き)と記す。

 多くは開口部につけるベンドキャップに内蔵されているが、規模の大きいものは別に設置する。下の写真は、火災の熱によってセンサーが働き、扉が閉じて炎の侵入を防ぐ防火ダンパーである。

 φ100の開口部では防火ダンパーは不要だが、φ150になると必要になる。
広告
TAKUMI Amazonへ