建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


防火(構造)(ぼうか:こうぞう)
 防火とは延焼を防ぐことで、延焼を防ぐための構造を、防火構造と呼ぶ。建築基準法第2条8号に定める。

 防火構造にするには不燃材料を使って、下の図のように施工する。火災にあっても、30分以上にわたって壊れないことが求められている。防火構造が施工される場所は、屋根外壁軒裏などである。

 防火地域、準防火地域、そして延焼の恐れのある部分には、防火構造が求められる。

 屋根に関しては建築基準法の22条地域、外壁に関しては23条区域の指定により、防火構造が求められるようになる。
広告
図は学芸出版社「建築基準法」から
TAKUMI Amazonへ