建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ベタ裏(べたうら)
 
 鉋(かんな)鑿(のみ)の裏の平らで光っている部分が広いこと。

 鉋などの刃物は、何度も研いでくると、裏切れという状態になる。
 裏押しをして刃先が一直線になるようにするが、下の状態のように矢印の間が広くなってしまうことがある。こうした状態をベタ裏という。

 鉋は矢印の部分が細い糸のような糸裏状態が良しとされ、ベタ裏は好ましくないとされた。しかし、裏金をつかう鉋ではややベタ裏のほうが良いようである。

 鑿はベタ裏を良しとしたが、幅広の鑿はあまりベタ裏にしないほうが良い。
広告
betaura
 
TAKUMI Amazonへ