建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


偏芯(率)(へんしん:りつ)
 
 建物の重心と構造上の剛心が、ズレている状態を、偏芯しているという。また、ズレた割合を偏芯率という。

 偏芯という概念は、重心と剛心のズレだから、建物の形には関係ない。凹凸の多い建物でも、偏芯の少ない場合もある。

 偏芯が少ないほうが、地震などの揺れに対しては強い。建築基準法では、建築物の各階の偏心率を、0.15以下にすべきであると規定された。

 住宅などでは、壁量が全体に平均的に配置されていることが、偏芯率の減少につながる。
広告
TAKUMI Amazonへ